アウトリーチ活動
第5回公開シンポジウム(東京)変わりゆく気候と水資源―人工降雪技術の実用化に向けて― 2011年03月19日(土)開催 ※震災のため中止 気候変動と水資源問題および人工降雪技術の実用化に向けて講演と討論。
第4回公開シンポジウム(高松)
変わりゆく気候と水資源―最新の人工降雨研究から観えてきたこと―
2011年03月07日(月)開催 気候変動と水資源問題および人工降雨と四国の渇水対策の将来について講演と討論。 ポスター(PDF)  
国際シンポジウム(つくば) 2011年03月03-04日(木、金)開催 世界中で活躍している国内外の専門家による最新の研究成果についての講演と渇水対策としての人工降雨・降雪のさらなる研究推進を目的とした討論。 ポスター(PDF) 
(社)未踏科学技術協会
エコイノベーションとエコビジネスに関する研究会
人工降雨・降雪研究の最前線
2010年08月19日(土)開催 人工降雨の原理・歴史・国内外における取り組みを紹介するとともに、科学技術振興調整費「渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究」の概要・成果を紹介した。
平成21年度アジア学術セミナー 2009年10月7日(水)開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が人工降雨に代表される気象改変技術の基礎と最新の気象改変研究の動向を紹介。  
高知県大豊町現地説明会 2009年2月6日(金) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が、大豊町役場で昨年の人工降雨実験の概要・機器配置・データ取得状況・航空機観測の実施状況などを説明し、それに関する質疑応答ならびに意見交換を行った。  
高知県本山町現地説明会 2009年2月6日(金) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が、本山町役場で昨年の人工降雨実験の概要・機器配置・データ取得状況・航空機観測の実施状況などを説明し、それに関する質疑応答ならびに意見交換を行った。  
高知県土佐町現地説明会 2009年2月6日(金) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が、土佐町役場で昨年の人工降雨実験の概要・機器配置・データ取得状況・航空機観測の実施状況などを説明し、それに関する質疑応答ならびに意見交換を行った。  
高知県いの町現地説明会 2009年2月5日(木) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が、いの町役場で昨年の人工降雨実験の概要・機器配置・データ取得状況・航空機観測の実施状況などを説明し、それに関する質疑応答ならびに意見交換を行った。  
第3回公開シンポジウム
変わりゆく気候と水資源
−沖縄の渇水と人工降雨について考える−
2009年3月6日(金) 開催 気候変動と水資源問題および国内外における人工降雨への取り組み等についての講演と討論。 ポスター
香川県議会自由民主党議員会勉強会 2008年10月1日(水) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が人工降雨の原理・歴史・国内外における取り組みを紹介するとともに、来年度計画している四国地方における人工降雨実験の概要を紹介。  
気象学会若手会夏の学校 2008年7月20日(日) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が人工降雨に代表される意図的気象改変や気候変動に対するエアロゾルの間接効果で代表される非意図的研究に関する気象研における取り組みを紹介するとともに、研究手法や対象とする物理過程の観点からも密接な関係にある意図的・非意図的気象改変の研究を総合的に推進する今後の研究の方向性を紹介。  
気象学会第30回メソ気象研究会 2008年5月17日(土) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が新潟・群馬県境で実施している人工降雪実験の概要とその基礎となる山岳性降雪雲の研究や山岳域における降雪分に関する研究の概要を紹介。  
高知県大川村現地説明会 2008年5月1日(木) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が本プロジェクトで行う観測・実験の内容を地元の方々に説明。  
高知県土佐町現地説明会 2008年2月20日(水) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が本プロジェクトで行う観測・実験の内容を地元の方々に説明。  
高知県大川村現地説明会 2008年2月19日(火) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が本プロジェクトで行う観測・実験の内容を地元の方々に説明。  
高知県本山町現地説明会 2008年2月19日(火) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が本プロジェクトで行う観測・実験の内容を地元の方々に説明。  
国土交通先端技術フォーラム「国内外における人工降雨・降雪研究」 2008年2月18日(月) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が人工降雨の必要性・原理・歴史・国内外における最近の取り組みを紹介するとともに、利根川ダム統管と実施した人工降雪研究の成果と来年度計画している四国地方における人工降雨実験の概要を紹介。  
四国建設技術懇談会「四国における人工降雨実験」 2007年11月16日(金) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が人工降雨の原理・歴史・国内外における取り組みを紹介するとともに、来年度計画している四国地方における人工降雨実験の概要を紹介。  
第2回公開シンポジウム
変わりゆく気候と水資源
−人工降雨は四国の渇水対策に有効か!? −
2007年10月30日(火) 開催 気候変動と水資源問題および国内外における人工降雨への取り組み等についての講演と討論。 ポスター
アンケート結果
(独)水資源機構
新技術に関する勉強会
-国内外の人工降雨・降雪の取り組みについて-
2007年7月2日(月) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が国内外の人工降雨・降雪技術の現状および科振費「人工降雨・降雪」プロジェクトについて紹介。  
科学技術週間
気象研究所一般公開
2007年4月18日(水) 開催 低温実験施設で人工降雨の原理を紹介。  
第1回公開シンポジウム
変わりゆく気候と水資源
−人工降雨・降雪は渇水対策の決め手になるのか?! −
2007年3月24日(土) 開催 気候変動と世界の水資源・国内の水資源問題・人工降雨・降雪への取り組み等についての講演と討論。 ポスター
アンケート結果
日本気象予報士会
第5回気象サイエンスカフェ・東京
「雲と人工降雪の話」
2007年2月13日(火) 開催 折笠成宏 気象研究所主任研究官が、人工降雨・降雪をやさしく解説。科振費「人工降雨・降雪」プロジェクトについても紹介。  
気象調節に関する国際シンポジウム−人工降雨・降雪技術の現状− 2007年1月31日(水)-2月1日(木) 開催 世界各国から第一線の研究者を招き、国内外の人工降雨・降雪技術の現状についての紹介と議論。 リーフレット
群馬県みなかみ町現地説明会 2006年11月21日(火) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が本プロジェクトで行う観測・実験の内容を地元の方々に説明。  
新潟県南魚沼市現地説明会 2006年11月14日(火) 開催 村上正隆 気象研究所室長(研究代表者)が本プロジェクトで行う観測・実験の内容を地元の方々に説明。  
気象研究所お天気フェア 2006年8月2日(水)開催 お天気フェア来場者に本プロジェクトのリーフレットを配布。
低温実験施設で人工降雨の原理を紹介。
ペットボトルを使った雲発生を実演。
リーフレット
ポスター @ A
集計