研究成果


論文・書籍
題目備考
Misumi, R., A. Hashimoto, M. Murakami, N. Kuba, N. Orikasa, A. Saito, T. Tajiri, K. Yamashita, J-P. Chen, 2010: Microphysical structure of a developing convective snow cloud simulated by an improved version of the multi-dimensional bin model. Atmospheric Science Letters, Early View.科振費「人工降雨・降雪」
Kuba, N. and M. Murakami, 2010: Effect of hygroscopic seeding on warm rain clouds - numerical study using a hybrid cloud microphysical model. Atmos. Chem. Phys., 10, 3335-3351.科振費「人工降雨・降雪」
村上正隆, 2009: 気象調節―人工降雨・降雪による渇水対策―化学工学誌11号科振費「人工降雨・降雪」
村上正隆, 2009: 人工降雨・降雪による渇水被害軽減研究の国内動向, 水と水技術科振費「人工降雨・降雪」
吉田裕一, 村上正隆, 楜澤義一, 加藤輝之, 橋本明弘, 山崎剛, 羽田紀行, 2009: 渇水対策としての人工降雪効果の試算.水文・水資源学会誌, 22, 209-222.科振費「人工降雨・降雪」
Ogasawara, T. and R. Kawamura, 2008: Effects of combined teleconnection patterns on the East Asian summer monsoon circulation: Remote forcing from low- and high-latitude regions J. Meteorol. Soc. Jpn. 86(4), 491-504. 科振費「人工降雨・降雪」
Ishimoto H. 2008: Radar backscattering computations for fractal-shaped snowflakes. J. Meteorol. Soc. Japan, 86(3), 1-11. 科振費「人工降雨・降雪」
仲江川敏之, 安田珠幾, 高谷祐平, 2008: 「利根川上流域を対象とした渇水対策のための力学的季節予測結果の利用に関する基礎的研究」 水工学論文集, 52, 517-522.科振費「人工降雨・降雪」
藤部文昭, 村上正隆, 越田智喜, 吉田一全, 2008: 早明浦ダム周辺の降水量とダム貯水量の変動特性. 天気, 55, 469-473.科振費「人工降雨・降雪」
Hashimoto, A., T. Kato, S. Hayashi, M. Murakami, 2008: Seedability assessment for winter orographic snow clouds over the Echigo Mountains. SOLA, 4, 069-072.科振費「人工降雨・降雪」
Yamada, K. and R. Kawamura, 2007: Dynamical link between typhoon activity and the PJ teleconnection pattern from early summer to autumn as revealed by the JRA-25 reanalysis SOLA, 3, 65-68.科振費「人工降雨・降雪」
Ogasawara, T. and R. Kawamura, 2007: Combined effects of teleconnection patterns on anomalous summer weather in Japan. J. Meteorol. Soc. Jpn., 85(1), 11-24. 科振費「人工降雨・降雪」
村上正隆,2007:人工降雨・降雪に関する総合的研究始まる.
Science & Technonews Tsukuba, 81, 18-20.
科振費「人工降雨・降雪」


AMS 18th Conference on Planned and Inadvertent Weather Modification (24-27 January 2011, Seattle, USA)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
Murakami, M (MRI)
(Invited Presentation)
Japanese Cloud Seeding Experiments for Precipitation Augmentation (JCSEPA) - New approaches and some results from wintertime and summertime weather modification programs -科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2010年度秋季大会(2010年10月27-29日,京都)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
村上 正隆(気象研) 暖候期四国上空における雲・エアロゾル特性(その4)D201科振費「人工降雨・降雪」
大野 裕一(NICT) W-band レーダによるシーディング有効雲のモニター観測(2)D202科振費「人工降雨・降雪」
藤田 浩史           (気象協会)人工降雨実験観測データを用いた人工降雨有効雲の定性的判定法の試み(3)D203科振費「人工降雨・降雪」
田尻 拓也(気象研) MRI 雲生成チェンバーによる雲物理実験 フレアー法(その2) D204 科振費「人工降雨・降雪」
小池 克征           (いであ(株)) 地上観測データを用いたシーディング効果判定法に関する研究 D205 科振費「人工降雨・降雪」
大竹 秀明(気象研) 山岳性降雪雲内における航空機観測と雲解像モデルとの統計的なvalidation D206 科振費「人工降雨・降雪」
酒井 哲(気象研) 夏季人工降雨実験における2 波長・偏光ライダー観測:エアロゾルキャラクタリ ゼーションと航空機観測による検証 D360 科振費「人工降雨・降雪」
石元 裕史(気象研) Poisson-Voronoi 構造と粒子画像情報を用いた鉱物・氷晶粒子形状のモデル化 D362 科振費「人工降雨・降雪」
斎藤 篤思(気象研) ダム集水域における固形降水の精確な計量(その3) P190 関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
山下 克也(気象研) JCSEPA-IOP 期間中(2010 年6 月)の高知のエアロゾル濃度(速報) P192 科振費「人工降雨・降雪」
折笠 成宏(気象研)ドライアイスシーディングに伴う山岳性降雪雲の微物理構造の変化(その4)P193科振費「人工降雨・降雪」
豊田 友英            (筑波大院生命環境) 冬季降雪雲に対する数値モデルを用いた最適シーディング法につ いての研究(その2) P392 科振費「人工降雨・降雪」
橋本 明弘(気象研) 4-ICE バルク法微物理過程の開発P393科振費「人工降雨・降雪」


第27回エアロゾル科学・技術研究討論会 (2010年8月5日 名古屋)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
村上正隆(気象研)暖候期高知上空における大気エアロゾルのCCN特性 科振費「人工降雨・降雪」


13th Conference on Cloud Physics(2010年6月28-7月2日,米国・ポートランド)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
K. Yamashita (MRI)CCN property of Asian mineral dust particle P1.14 科振費「人工降雨・降雪」
A. Saito (MRI)A New Continuous Flow Diffusion Chamber for Airborne Measurement of Natural Ice Nuclei over Japan P1.19 科振費「人工降雨・降雪」
T. Tajiri (MRI)MRI cloud chamber experiments on dust aerosol and cloud interactions P1.21 科振費「人工降雨・降雪」
N. Orikasa (MRI)An observational study of changes in cloud microphysical properties through glaciogenic seeding by dry ice during the Japanese orographic snow cloud modification projects P1.32 科振費「人工降雨・降雪」
N. Kuba (JAMSTEC)Effect of hygroscopic seeding on warm rain clouds P1.34 科振費「人工降雨・降雪」
T. Koshida (IDEA)The occurrence of seedable clouds in the warm season for mitigating water shortage problems P1.37 科振費「人工降雨・降雪」
A. Hashimoto (MRI)Numerical Experiment Comparing the Efficacies of Dryice Pellets and Liquid Carbon Dioxide for Cloud Seeding Operation P1.40 科振費「人工降雨・降雪」
H. Ohtake (MRI)The validation of microphysics properties simulated by a cloud resolving model using an in-situ aircraft observation during a cold winter event P1.67 科振費「人工降雨・降雪」
M. Murakami(MRI)Vertical profiles of CCN concentrations and microphysical structures of shallow warm clouds in western Japan P2.18 科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2010年度春季大会(2010年05月23-26日,代々木)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
加藤 輝之 (気象研) 降雪予想に対する水平・鉛直解像度と乱流過程の依存性 A204 科振費「人工降雨・降雪」
村上 正隆 (気象研) 暖候期四国上空における雲・エアロゾル特性(その3) A451 科振費「人工降雨・降雪」
田尻 拓也 (気象研) MRI雲生成チェンバーによる雲物理実験ダスト粒子〜雲粒・氷晶発生過程(その2) A452 科振費「人工降雨・降雪」
山下 克也 (気象研) 人工降雨シーディング用吸湿性粒子の雲凝結核特性(その4) A453 科振費「人工降雨・降雪」
久芳 奈遠美 (JAMSTEC) 暖かい雨に対する凝結核散布の効果に関する数値実験(3)―ハイブリッド雲微物理モデルによる人工降雨事前評価の試み― A454 科振費「人工降雨・降雪」
小池 克征 (いであ) JMANHM_1kmデータを用いたダム流域における降雪気象因子の特定に関する研究 P321 科振費「人工降雨・降雪」
橋本 明弘 (気象研) 山岳性降雪雲に関する雲解像モデルの予想特性 P322 科振費「人工降雨・降雪」
大竹 秀明 (気象研) 山岳性降雪雲内における航空機観測と雲解像モデルとのvalidation P323 科振費「人工降雨・降雪」
折笠 成宏 (気象研) ドライアイスシーディングに伴う山岳性降雪雲の微物理構造の変化(その3) P324 科振費「人工降雨・降雪」
豊田 友英 (筑波大院生命環境) 冬季降雪雲に対する数値モデルを用いた最適シーディング法についての研究 P325 科振費「人工降雨・降雪」
中里 真久 (気象研) Xバンド及びKaバンドレーダーによる雲微物理量導出法の比較 P423 科振費「人工降雨・降雪」
斎藤 篤思 (気象研) 航空機搭載用氷晶核測定装置による観測 P426 科振費「人工降雨・降雪」
佐々 浩司 (高知大理) 土佐湾で発生したマイソサイクロンのレーダー観測 P430 科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2009年度秋季大会(2009年11月25-27日,福岡)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
加藤 輝之(気象研) 西日本で見られる積乱雲の雲底高度の高度別出現頻度〜雲解像モデルの予想結果から〜 D101 科振費「人工降雨・降雪」
村上正隆(気象研) 暖候期四国上空における雲・エアロゾル特性(その2)D201 科振費「人工降雨・降雪」
伊ヶ崎 英雄(気象協会) 人工降雨実験観測データを用いた人工降雨有効雲の定性的判定法の試み(2) D202 科振費「人工降雨・降雪」
小池 克征(いであ(株)) 地上観測データを用いた利根川上流域における降雪決定因子に関する研究 D203 科振費「人工降雨・降雪」
大竹 秀明(気象研) 山岳性降雪雲内の雲水・氷水量の分布 -モデルとのvalidationに向けて- D204 科振費「人工降雨・降雪」
山下 克也(気象研) 人工降雨シーディング用吸湿性粒子の雲凝結核特性(その3) D205 科振費「人工降雨・降雪」
田尻 拓也(気象研) MRI雲生成チェンバーによる雲物理実験ダスト粒子〜雲粒・氷晶発生過程(序報) D206 科振費「人工降雨・降雪」
三隅 良平(防災科研) 対流性降雪雲の発達期における雲物理構造−多次元ビン法シミュレーション D209 科振費「人工降雨・降雪」
石元 裕史(気象研) 地上多波長マイクロ波放射計による雲域での温度・水蒸気1D-Varリトリーバル P116 科振費「人工降雨・降雪」
村田 文絵(高知大) 高知における線状降水帯による雨滴粒度分布 P123 科振費「人工降雨・降雪」
斎藤 篤思(気象研) 航空機搭載用氷晶核測定装置の開発 P124 科振費「人工降雨・降雪」
中里 真久(気象研) 天頂観測用Xバンドレーダー及びFMCW型Kaバンドレーダーによるシーディング有効雲の観測 P331 科振費「人工降雨・降雪」
折笠 成宏(気象研) ドライアイスシーディングに伴う山岳性降雪雲の微物理構造の変化(その2) P332 科振費「人工降雨・降雪」
橋本 明弘(気象研) 航空機による雲シーディング実験の高解像度数値シミュレーション P333 科振費「人工降雨・降雪」


第26回エアロゾル科学・技術研究討論会 (平成2009年8月21日 岡山)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
村上正隆(気象研)エアロゾル・雲の微物理構造に関する航空機観測 科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2009年度春季大会(2009年5月28-31日,つくば)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
村上 正隆(気象研) 暖候期四国上空における雲・エアロゾル特性(その1) B401 科振費「人工降雨・降雪」
山下 克也(気象研) 人工降雨シーディング用吸湿性粒子の雲凝結核特性(その2) B402 科振費「人工降雨・降雪」
田尻 拓也(気象研) MRI雲生成チェンバーによる吸湿性シーディング実験(その3)〜 フレアー法〜 B403 科振費「人工降雨・降雪」
小池 克征(いであ(株)) 山岳の風下側の降雪分布に関する一考察 B404 科振費「人工降雨・降雪」
伊ヶ崎 英雄(気象協会) 人工降雨実験観測データを用いた人工降雨有効雲の定性的判定法の試み B405 科振費「人工降雨・降雪」
橋本 明弘(気象研) 雲シーディングのための各種散布物質の有効性評価 B406 科振費「人工降雨・降雪」
加藤 輝之(気象研) SiBを用いた2005年度冬季の積雪量予想実験 B304 科振費「人工降雨・降雪」
越田 智喜(いであ) 渇水被害軽減のため、人工降雨の可能性がある雲の出現状況 P325 科振費「人工降雨・降雪」
釜堀 弘隆(気象研) 2008年夏期循環場と南西諸島の少雨 P326 科振費「人工降雨・降雪」
斎藤 篤思(気象研) ダム集水域における固形降水の精確な計量(その2) 関連発表 P402 関連発表(気象研・利根ダム共同研究)


Weather Modification Association 2009 Annual Meeting (22-24 April, Anaheim, USA)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
Murakami, M (MRI)Japanese Cloud Seeding Experiments for Precipitation Augmentation (JCSEPA) −Preliminary results from summertime weather modification program− 科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2008年度秋季大会(2008年11月19-21日,仙台)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
村上正隆(気象研)四国における人工降雨実験観測の概要B351科振費「人工降雨・降雪」
田尻拓也(気象研)四国・高知における雲のモニタリング観測(2008年)夏季人工降雨実験観測中の大気環境場についてB352科振費「人工降雨・降雪」
大野裕一(NICT)W-bandレーダによるシーディング有効雲のモニター観測(速報)B353科振費「人工降雨・降雪」
中里真久(気象研)Xバンド及びKaバンドレーダを用いたシーディング有効雲の観測−高知県鏡ダムサイトにおける夏季集中観測速報−B354科振費「人工降雨・降雪」
大東雄二(三菱特機)FMCW型Ka-bandレーダの降雨観測例B355科振費「人工降雨・降雪」
折笠成宏(気象研)ドライアイスシーディングに伴う山岳性降雪雲の微物理構造の変化B356科振費「人工降雨・降雪」
吉田一全(いであ)山岳性降雪雲のシーディング実験のXバンドレーダによる検証B357科振費「人工降雨・降雪」
小池克征(いであ)利根川上流域における降雪決定因子の調査と3D非静力学モデルの結果を用いたシーディング判定法の試みB358科振費「人工降雨・降雪」
橋本明弘(気象研)ヨウ化銀を用いた地上シーディングに関する数値実験B359科振費「人工降雨・降雪」
佐竹晋輔(気象研)3次元雲シーディングモデルによる液体炭酸を用いた冬季地上シーディング実験の増雪効果B360科振費「人工降雨・降雪」
久芳奈遠美(FRCGC)温かい雨に対する凝結核散布の効果に関する数値実験(3)B361科振費「人工降雨・降雪」
山内 洋(気象研)四国における人工降雨実験と同期した地上・リモートセンシング観測(速報)P172科振費「人工降雨・降雪」
酒井 哲(気象研)2008年夏季人工降雨実験におけるライダー観測(速報)P173科振費「人工降雨・降雪」
山下克也(気象研)人工降雨シーディング用吸湿性粒子の雲凝結核特性P174科振費「人工降雨・降雪」
斎藤篤思(気象研)小規模シーディング実験において散布される吸湿性粒子P175科振費「人工降雨・降雪」
大友章太郎(東北大院理)能動型測器を複合的に用いた降雨・降雪を伴う雲の微物理特性抽出法に関する研究P181科振費「人工降雨・降雪」
橋口浩之(京大生存研)人工降雪実験における車載型Kaバンドレーダによる降雪雲の観測P370科振費「人工降雨・降雪」
田尻拓也(気象研)MRI雲生成チェンバーによる雲物理実験 混合雲における氷晶発生過程について(その2)P381関連発表(気象研経常研究)


ICCP2008(2008年7月7-11日,メキシコカンクン)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
M. Murakami(MRI)How does Asian dust storm affect the microphysical structures of orographic snow clouds?6.5関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
T. Tajiri(MRI)Laboratory experiments of mixed-phase cloud formation6.7関連発表(気象研経常研究)
K. Yamashita(MRI)Nucleation and growth of droplets simulated in the dynamic cloud chamber and microphysical parcel model12.5科振費「人工降雨・降雪」
N. Orikasa(MRI)Balloonborne observation of cirrus cloud particles and aerosols measured with hydrometeor videosonde, Snow White hygrometer, and optical particle counterP5.12関連発表(気象研経常研究)
N. Orikasa(MRI)Characteristics of orographic mixed-phase clouds during JCSEPA field campaignsP6.18科振費「人工降雨・降雪」
A. Hashimoto(MRI)Cloud seeding experiment with three-dimensional cloud resolving model for winter orographic cloud in JapanP9.1科振費「人工降雨・降雪」
N. Kuba(FRCGC)Effect of Hygroscopic Seeding on Warm RainP9.31科振費「人工降雨・降雪」
A. Saito(MRI)Measurement of natural ice nuclei by continuous-flow thermal-diffusion-chamber type ice nucleus counterP12.5関連発表(気象研経常研究)


日本気象学会2008年度春季大会(2008年5月18-21日,横浜)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
村上正隆(気象研)物理的予測因子を用いたシーディング効果判定法の試み−2Dシーディング数値実験の結果を用いて−B401科振費「人工降雨・降雪」
橋本明弘(気象研)雲シーディングの効果と広域影響評価−3次元雲解像モデルを用いた人工降雪実験−B402科振費「人工降雨・降雪」
加藤輝之(気象研)暖候期での人工降雨のための有効雲の出現頻度分布調査−水平分解能1km雲解像モデルの結果から−B403科振費「人工降雨・降雪」
山下克也(気象研)MRI雲生成チェンバーを用いた吸湿性粒子シーディング実験(その2)B404科振費「人工降雨・降雪」
越田智善(いであ)人工降雨によって渇水被害軽減の可能性がある雲の出現状況B405科振費「人工降雨・降雪」
久芳奈遠美(FRCGC)温かい雨に対する凝結核散布の効果に関する数値実験(2)B406科振費「人工降雨・降雪」
佐藤可織(東北大院理)多波長ドップラーレーダを用いた降雪/降雨シーンにおける微物理特性抽出法に関する研究B408科振費「人工降雨・降雪」
中里真久(気象研)Xバンド及びKaバンドレーダーを用いたシーディング有効雲の観測P103科振費「人工降雨・降雪」
斎藤篤思(気象研)氷晶核測定装置を用いた氷晶画数濃度の測定(その3)P244関連発表(気象研経常研究)
田尻拓也(気象研)エーロゾル・雲粒子センサーの非球形粒子検出特性について(その2)−MRI雲生成チェンバー雲物理実験より−P245科振費「人工降雨・降雪」
山内洋(気象研)Xバンドレーダーで捉えた人工降雪シーディングの効果P301科振費「人工降雨・降雪」
折笠成宏(気象研)航空機による山岳性降雪雲の直接観測(その2)−雲の層から見た統計的特徴−P302科振費「人工降雨・降雪」
三隅良平(防災科研)多次元ビン法雲物理モデルの簡略化の検討−力学モデルへの導入に向けて−P304科振費「人工降雨・降雪」


AMS 17th Conference on Planned and Inadvertent Weather Modification 2008 (21-25 April, Denver, USA)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
Murakami, M (MRI) Japanese Cloud Seeding Experiments for Precipitation Augmentation (JCSEPA) 科振費「人工降雨・降雪」


Conference on Mesoscale Meteorology and Typhoon in East Asia (ICMCS-VI) (6-8 November, Taipei, Taiwan)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
Hashimoto, A (MRI)Modeling study on the winter orographic cloud seeding in Japan科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2007年度秋季大会(2007年10月14-16日,札幌)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
越田智善(いであ)人工降雨による渇水被害軽減の可能性の調査C101科振費「人工降雨・降雪」
橋本明弘(気象研)人工降雪のためのシーディング有効雲に関する雲解像モデル結果を用いた統計解析C102科振費「人工降雨・降雪」
山下克也(気象研)詳細雲微物理モデルとMRI雲生成チェンバー実験による雲粒生成過程の比較C103科振費「人工降雨・降雪」
田尻拓也(気象研)MRI雲生成チェンバーによる雲物理実験−混合雲における氷晶発生過程について−C104科振費「人工降雨・降雪」
折笠成宏(気象研)航空機による山岳性降雪雲の直接観測−雲の層から見た統計的特徴−C105科振費「人工降雨・降雪」
村上正隆(気象研)シーディングに適した雲(有効雲)の定量的評価法−2Dモデルの結果を用いて−C106科振費「人工降雨・降雪」
岩波越(防災科研)Xバンド偏波レーダーによる降水粒子判別(2)−ファジーロジックによる冬季雲内の粒子判別−C107関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
加藤輝之(気象研)2007年5-7月の九州・四国地方における浮力がなくなる高度と雲解像モデルが予想した運頂高度との関係C211科振費「人工降雨・降雪」
藤部文昭(気象研)早明浦ダムの貯水量と降水量の変動特性D366科振費「人工降雨・降雪」
斎藤篤思(気象研)氷晶核測定装置を用いた氷晶画数濃度の測定(その2)P150関連発表(気象研経常研究)
折笠成宏(気象研)気球を用いた黄砂エアロゾルと上層雲の観測−雲粒子ゾンデデータから得られた特徴−P153関連発表(気象研経常研究)
小池克征(気象研)利根川上流域における一冬の総降水量算出の試みP178関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
橋本明弘(気象研)JMANHM 4-ICE 雲微物理過程の開発P350科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2007年度春季大会(2007年05月13-16日,代々木)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
田尻拓也(気象研)MRI雲生成チェンバーによる雲物理実験(その2)吸湿性粒子シーディングによる雲粒生成実験B451科振費「人工降雨・降雪」
山下克也(気象研)エーロゾル・雲粒子センサーで計測した雲生成時の粒径分布の変化B452科振費「人工降雨・降雪」
橋本明弘(気象研)3次元非靜力学モデルを用いた最適シーディング法の開発B453科振費「人工降雨・降雪」
久芳奈遠美(FRCGC)温かい雨に対する凝結核散布の効果に関する数値実験
-ハイブリッド雲物理モデルによる人工降雨実験事前評価試み-
B456科振費「人工降雨・降雪」
三隅良平(防災科研)多次元ビン法による雪片と霰P414科振費「人工降雨・降雪」


Australian Cloud Seeding Research Symposium Invited Talk(2007年05月7-9日,Melbourne, Australia)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
Murakami. M (MRI)Japan Weather Modification Research 科振費「人工降雨・降雪」


Weather Modification Association 2007 Annual Meeting (18-19 April, San Francisco, USA)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
Murakami, M (MRI)Research Activities in Orographic Snow Cloud Modification for Water Resources Augmentation科振費「人工降雨・降雪」


公開シンポジウム 変わりゆく気候と水資源 (2007年3月24日,幕張)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
村上正隆(気象研)国内外の人工降雨・降雪の取り組みp9-12科振費「人工降雨・降雪」


気象調節に関する国際シンポジウム (2007年1月31日-2月1日,つくば)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
Kuba, N. (FRCGC)A numerical study on impact of hygroscopic seeding on the development of warm rain
- Numerical simulation with a hybrid microphysical model -
p57-60科振費「人工降雨・降雪」
Hashimoto, A. (MRI)Statistical analysis with CRM data set on seeding potential for winter orographic cloud in Japanp21-24科振費「人工降雨・降雪」
Murakami, M (MRI)Recent Japanese research on orographic snow cloud modification for water resources augmentationp49-52科振費「人工降雨・降雪」


第8回非静力学モデルに関するワークショップ(2006年11月29-30日,つくば)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
橋本明弘(気象研)非静力学モデルを用いた人工降雪実験p12-13科振費「人工降雨・降雪」


日本気象学会2006年度秋季大会(2006年10月25-27日,名古屋)
発表者(所属)発表題目予稿集備考
岩波越(防災科研)X バンド偏波レーダーによる降水粒子判別(1)− HYVIS データとの比較による粒子別の偏波パラメータ出現頻度−C155関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
小池克征(いであ)冬期間における気象庁非静力学モデル(JMANHM) の地上雨量評価P332関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
斎藤篤思(気象研)ダム集水域における固形降水の精確な計量P134関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
田尻拓也(気象研)山岳性降雪雲の内部構造観測FMCW 型K-band ドップラーレーダの有用性についてC153関連発表(気象研・利根ダム共同研究)
橋本明弘(気象研)矢木沢ダム風上領域の降雪雲に関する雲解像モデル結果を用いた統計解析C154科振費「人工降雨・降雪」
村上正隆(気象研)渇水対策のための人工降雨・降雪に関する総合的研究 −研究計画概要とシーディング戦略−C151科振費「人工降雨・降雪」
村上正隆(気象研)黄砂粒子が山岳性降雪雲の内部構造に及ぼす影響C152関連発表(気象研・利根ダム共同研究)